クラインガルテン下郷 ブログ

平成22年に開園したクラインガルテン下郷のブログです。クラインガルテンの様子などお伝えします。

2010年11月30日

「クラインガルテン下郷」の利用者を募集します!

「クラインガルテン下郷」では、既設の10区画に加え、新たな10区画を整備中です。

2011年4月からご利用可能となるこの区画について、下記のとおり利用者を募集いたします。
皆様のご応募を心よりお待ちしております。

              記

1 申込用紙   PDFダウンロードコーナーの「クラインガルテン下郷ラウベ等使用申請書」(様式第1号)をご利用ください。
      ※記入例をご参照のうえ、必要事項を記載してください。

2 添付書類   申請者の「住民票抄本」を1通添付してください。

3 申込方法   上記1・2の書類を、下記事務局宛てに郵送ください。
     ※署名押印を要するため、電子メール・FAXは不可。

     〒969−5345
     福島県南会津郡下郷町大字塩生字大石1000番地
     下郷町役場 事業課 産業振興班 農林振興係

              

4 受付期間   平成22年12月1日(水)〜平成23年1月31日(月)
     ※1月31日の消印有効

5 その他   (1)計8回の現地見学会を予定しております。見学を希望される場合は、
     希望する日程について、事前に電話又はFAX、電子メール等でお知らせください。
     (PDFダウンロードコーナーの「使用者募集日程」を参照ください。)

     (2)書類の他に、面談が必要です。正式な申請前でも、お客様のご都合に合わせ、
     現地案内と面談を行うことが可能です。

6 各種問合せ   クラインガルテン下郷に関する各種問合せは、下記宛てにお願いいたします。
            
     下郷町役場 事業課 産業振興班
     (電話) 0241−69−1188
     (FAX) 0241−69−1167
     (メール) nousei_01@town.shimogo.fukushima.jp

Link
 

 

2010年11月26日

「郷土料理講習会」(収穫祭)を実施しました。

 去る11月20日(土)、クラインガルテンでは「郷土料理講習会」と題し、収穫祭を実施しました。
主なメニューは「ざるそば」、「しんごろう」、「会津地鶏汁」の三品。料理の先生は、いつもの支援
協議会の他に、JA直売所「よらっしぇ」からも、3名のご婦人方に応援していただきました。

 まずはそば打ちからです。材料のそば粉は、敷地内の畑で育てた「100%クラインガルテン産」の
そば粉です。これを、つなぎ無しの「十割そば」で打つのが地元流の打ち方です。今回のそば打ち
の先生は、ガルテン管理人の坂内さんが担当しました。坂内さんの熟練された無駄の無い手つき
は、一目見れば明らかに素人ではないと分かります。ひたすら感心する一同に、「元々こっちの方
が本業みたいなもんだから・・・」と、実家がそば屋さんであることをタネ明かしする坂内さんでした。

 そば打ちのはじめは、そば粉に少しずつお湯を加え、手早くなじませるのがポイントで、あまり時間
をかけ過ぎると、そばが「風邪をひいた」状態になってしまうそうです。
 「なかなか奥が深いねぇ。」と感心する参加者の皆さんも、次第にコツをつかみながらそば打ちを
楽しんでいらっしゃいました。

 そば打ちの一方、裏の特設会場では、「しんごろう」と「会津地鶏汁」が用意されました。
「しんごろう」とは、うるち米を半搗き(つき)にして丸め、これを竹串に刺し、砂糖醤油で味付け
したじゅうねん(えごま)味噌を塗って焼く、南会津地方の郷土料理です。
 しんごろうの出来を左右するのはじゅうねん味噌の味付けですが、「よらっしぇ」のご婦人トリオ
の監修により、絶妙な味付けに仕上がりました。(うっすらと焦げ目がつくよう、湯田町長も焼き
方を担当しました。)
 また、ここ数回のイベントで恒例となった会津地鶏汁も、今回は特に具沢山となり、ガルテン
の味として定着してきたようです。出来上がるまでの火を囲んだおしゃべりも、これまた楽しい
ひと時でした。

 料理講習会の後は、地元の食材をふんだんに使った料理を囲みながら、収穫祭が行われ
ました。なかでも、みんなで栽培したそばは風味豊かでコシが強く、すばらしい味を堪能する
ことができました。







Link
 

 

2010年10月22日

「そば刈り体験」を実施しました。

 去る10月9日、クラブハウス(管理棟)裏の畑で「そば刈り体験」を行いました。

 小雨交じりのあいにくの天気でしたが、利用者の皆さんからは7名のご参加を
いただきました。

 そばの収穫は、コンバインによる機械刈りが多くなっていますが、今回は
畑の一部を手刈りしました。鎌の使い方や束ね方のコツは、支援
協議会(地元農家)が的確にアドバイスしてくれます。

 鎌の使い方に慣れないうちは、根ごと引き抜いてしまいやすい
のですが、しばらく作業を進めるうちに、小気味よい鎌の音が響
くようになりました。

 刈り取ったそばの束を振り返り、「結構刈ったねぇ」と笑顔を見
せる参加者一同。額の汗以上に、共同作業の充実した達成感があり
ました。

 刈り取ったそばは乾燥・製粉後、11月の収穫祭で試食する予定
です。自分達で刈ったそばは、どんな味がするでしょうか? 今から楽しみです。


Link
 

 

2010年7月30日

「そば播き体験」を行いました。

 去る7月24日(土)。クラブハウス裏の畑では、秋そばの種まきが行われました。

 この作業は、ラウベ利用者と地元農家の親睦を図る意味で、支援協議会が
企画した共同作業です。ラウベ利用者10名の参加者らは、そば生産農家の
平野さん(支援協議会)の手ほどきを受けながら、丁寧にそばの種をまいていました。

 ポイントは、肥料と種を均等にまくこと。まきムラがあった場合、発芽すると顕著
に違いが出るそうです。

 作業後は、クラブハウスの和室で親睦会が開かれました。
 テーブルに並んだのは、協議会の皆さんが準備した地元の食材です。採れたての
味を楽しみながら、参加者の皆さんは畑づくりの話題に花を咲かせていらっしゃいました。





Link
 

 

2010年6月8日

みんなで公園をつくろう! 「ふれあい体験 in 下郷」

 このたび、「ふれあい体験 in 下郷」と題し、手作りによる公園づくりのイベントが開催されることになりました。

 場所は、観音沼森林公園手前の湿地帯です。今回の活動は、この湿地帯を水芭蕉の咲く素敵な公園にしようとする取り組みです。
 
 計画を進めてきたのは、クラインガルテン周辺住民の皆さんで構成する「加藤谷川流域活性化協議会」のメンバー。

 合計2回の作業では、木道の敷設や水芭蕉等の植栽を予定しています。

 誰でも参加できる公園づくりの活動に、ぜひ参加してみませんか? お昼には大好評の会津地鶏汁が振舞われます。

 詳しくは、下記のチラシをご覧ください。

Link
 

 

2010年5月24日

植え付けが始まってきました。

 5月中旬は、福島県内に低温注意報が出されるなど、少し肌寒い日が続いていましたが、下旬になってようやく気温が回復し、過ごしやすい陽気になってきました。

 クラインガルテン利用者の皆さんも、お天気と相談しながら徐々に作業を進めていらっしゃいます。

 利用者の大泉さんは、ジャガイモを植え付けた後、サトイモにも挑戦されています。

 サトイモは低温に弱いので、芽が出るまではビニールトンネルで保温します。

 笹沼さんも、ご夫婦仲良く種イモの準備です。
 「畑の準備で少々腰が・・・」とご主人

 また、支援協議会のメンバーでもある、クラインガルテン入口の佐藤さん宅では、
いよいよ田植えが始まりました。昔ながらの「手植え」の風景です。
 来年の田植えは、利用者の皆さんに体験してもらうのも楽しそうですね。

 風薫る五月。水田の水面に、新緑の山々が揺れています。



Link
 

 

2010年5月7日

開所式が開催されました。

 「クラインガルテン下郷」の開所式は、去る4月23日、同施設で開催されました。

 関係者によるテープカットが行われた後、愛称作品の応募者表彰が行われ、愛称として「ファームランドしもごう」がお披露目されました。

 開所式に続き、クラブハウス(管理棟)内では祝賀会が開催されました。
 この席では「クラインガルテン下郷ふれあい支援協議会」の皆さんによって、赤飯、ざるそば、会津地鶏汁などが振舞われました。
 特に地元産ソバ粉を使った十割そばは、独特のコシと香りがあり、参加者の皆さんに大変好評でした。

 祝賀会終了後は、利用者と協議会メンバーとの交流会が開催されました。
 協議会長の阿久津さんは、
 「利用者の皆さんの農園管理をお手伝いするため、この協議会を設立しました。
 畑づくりをとおして、これからの交流を広げたいと思います。」
 と挨拶されました。
 交流会では、畑づくりに関する利用者からの質問に対し、地元の自然や農業に精通した協議会のメンバーが、的確なアドバイスをしていらっしゃいました。

 ここ下郷町ではようやく桜の時期をむかえ、畑仕事もこれから本格化してきます。
 このページでも、様々な情報をお伝えしていきたいと思います。
 
 
 
 



Link
 

 

2010年3月30日

利用者が決定しました。

 4月開園予定(10区画分)の「クラインガルテン下郷」は、応募者多数のため3月24日に抽選を行いました。結果については、申し込みをいただいた方へ個別に通知しております。

 「クラインガルテン下郷」利用者の皆様へは、素敵な「おまけ」が付いています。東京は今が桜の見頃のようですが、ここ下郷町の桜は4月中〜下旬が例年の見頃。今年の春は、下郷町で二度目の桜をお楽しみいただけるのではないでしょうか。

 現在「クラインガルテン下郷」では、ラウベ(休憩施設)の建物工事が完了し、雪が消えた畑部分で最終的な整地作業が行われています。



Link
 

 

2010年3月26日

「冬の森体験 in 観音沼」の模様です

 3月7日に加藤谷川流域活性化協議会が主催した「冬の森体験 in 観音沼」は、小雪のちらつくあいにくの天気にもかかわらず、約150名の参加をいただきました。

 木製のかんじきを履いた参加者の皆さんは、「森の案内人」による愉快なレクチャーを受けながら、冬の自然を満喫していました。ウォーキングの後は、協議会のスタッフによる「会津地鶏鍋」が振舞われたほか、木ぞり遊びを楽しむ子供達の元気な声が、冬の森にこだましていました。

 酪農家でもある協議会長の金子さんは、「これからも雪国ならではのイベントを考えていきたい。」とイベントの手ごたえを感じていらっしゃいました。



Link
 

 

2010年2月24日

「冬の森体験 in 観音沼」の開催について

 クラインガルテン周辺住民の皆さんで構成する「加藤谷川流域活性化協議会」は、地域おこしのイベントとして「冬の森体験 in 観音沼」を開催します。

 かんじきを履いてのスノーウォークや木ぞり遊びの他、協議会の皆さんより会津地鶏なべが振舞われる予定です(先着順)。

 町内・町外を問わず、多数のご参加をお待ちしています。

開催日時  平成22年3月7日(日) AM9:00 受付

集合場所  観音沼森林公園駐車場

参加費    無料

持参品    お弁当・そり・防寒着
        ※かんじきは、協議会で無料貸し出しします。

問合せ先  加藤谷川流域活性化協議会事務局
       (下郷町役場事業課産業振興班内)
        電話 0241−69−1188

Link
 

 
 
2010年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031