町並み展示館

大内宿町並み展示館 (大内宿本陣跡)

oouchiyado

大内宿の本陣は、会津若松と日光今市を結ぶ下野街道(南山通り・会津西街道)の拠点のひとつとして江戸時代初期に建てられ、会津藩の初代藩主・保科正之、二代藩主・正経が江戸参勤のためにこの街道を利用し、ここで昼食をとったという記録が残っています。この時の行列の総人数は約600人で、宿場内はたいへんなにぎわいであったといわれています。

大内宿は、戊辰戦争の戦場にもなったことから、本陣に関する記録、図面等が散失し発見されていません。このため現在ある建物は、同じ街道の糸沢宿、川島宿の本陣を参考に設計し、昭和59年に復元したものです。

大内宿町並み展示館として復元した本陣は、大内宿のほぼ中央に位置し、殿様専用の玄関(乗りこみ)、上段の間、風呂、雪隠があり、茅屋根のどっしりとした風格とともに当時の面影を色濃く再現しております。館内では茅葺きに関する資料や昔の民具等の展示をしています。カッテにはいろりがあり、一年中薪を燃やし茅屋根の保存にも一役かっています。現代ではいろりのある生活も少なくなり、貴重な体験ができます。

開館時間

午前9時~午後4時30分

休館日

12月29日~翌年1月3日まで

入館料

区分 大人 小・中学生
個人 250円 150円
団体(30人以上) 200円 100円

大内宿町並み展示館
福島県南会津郡下郷町大字大内字山本8番地 TEL0241‐68‐2657

お問い合わせ先

下郷町教育委員会 文化財係
TEL0241-69-1166
FAX0241-69-1167
bunkazai_01@town.shimogo.fukushima.jp